2017/07/30

博物館実習報告③

専修大学大学院文学研究科歴史学専攻から参りました、奈良竜一です。将来、学芸員を目指しているので、今回戸栗美術館で実習をさせていただいています。実習で特に印象に残っていることに、展示をするとき、作品が動かないようにテグスで止める作業があります。そのテグス留めが非常に難しく苦労しましたが、とても楽しかったです。

私が紹介したい作品は、伊万里焼の「染付 鮎文 輪花皿」です。17世紀後半の作と推定され、類似品の存在も伝わっています。他の古伊万里と同様に商品として流通していたと考えられます。また、よく観察してみると、見込部分にスレがあり、実際に使われていたのではないかと思います。どんな料理が盛られていたのか気になります。

伊-657②
↑「染付 鮎文 輪花皿」17世紀後半 伊万里

さて、見込の周りに目を向けてみますと、陽刻(凸による文様表現)と濃染め(だみぞめ)で水流や渦が表現されています。白波は陽刻で表現されているため、見込と比べてもこもことした立体感があり、光が当たると実際に水の流れを感じるかのような躍動感を味わうことができます。
さらに、見込部分に目を移してみると、目のまん丸い愛嬌のある鮎が3匹泳いでいるかのように描かれています。3匹は、染付により、腹部分と背中部分で濃淡がはっきり分けて賦彩され、そのほか、背びれや口が「染付 鮎文 長皿」(17世紀後半 伊万里)と比べて小さく、リラックスした鮎の「日常」の姿が想像できます。ちなみに鮎は縄張り意識が強いらしく、餌場に外敵が侵入してくると突進して追い払うそうです。そのため、きっとこの3匹は仲良しなのでしょう。
裏面には葡萄文が描かれ、見込の魚文と同様に多産を願う意味が込められています。当時の人々の祈りが聞こえてきそうです。

伊-657⑤
↑「染付 鮎文 輪花皿」背面

伊-899-A①
↑「染付 鮎文 長皿」17世紀後半 伊万里

「染付 鮎文 長皿」は、渦巻く川の中を泳ぐ2匹の鮎がヒレを立てて描かれ、厳しい自然の中を生きる鮎の活き活きとした姿が描かれています。同じ鮎から取材したお皿でも、大分違う描かれ方をしているのはとても興味深いです。ちなみに、この2つの作品は、現在開催中の企画展『17世紀の古伊万里―逸品再発見Ⅰ―展』で、第1展示室にて隣同士展示していますので、ぜひご覧ください。

さてここからは、魚文の愛らしい目の表現について少し触れてみたいと思います。実は、愛嬌のあるまん丸の目の表現は先に述べた鮎文だけでなく、様々な魚文や動物文でもみられます。

例えば、古伊万里に先行する中国・明時代の「青花紅彩 魚藻文 壺」を見てみると、先にあげた鮎文皿と同じくまん丸の目をしています。しかし、黒目の位置が前方にあり、魚自身が見たい方向に視線を向けているような印象があります。そのため、こちらの作品は、水中をのびのびと泳ぐ自由さを感じられる表現になっています。

中145_小西作成中145_小西作成部分図
↑「青花紅彩 魚藻文 壺」明時代 嘉靖(1522~1566年)景徳鎮窯

「青花紅彩 魚藻文 壺」のような作品には、同意匠のものが多く、当館所蔵品で言うと、例えば「五彩 魚藻文 壺」などがあります。

中-289
↑「五彩 魚藻文 壺」明時代 嘉靖(1522~1566年)景徳鎮窯

この2つの作品では、水生植物とともに魚が活き活きと泳いでいる様を感じることができます。

さて、古伊万里では、魚文の絵付けだけでなく魚の形をした作品もあります。

伊-347②
↑「染付 魚形皿」17世紀中期 伊万里

「染付 魚形皿」は鱗の装飾もさることながら、目に注目してみますと、まん丸で陽刻になっています。また他の作品との大きな違いは、目の輪郭線が強調されているところです。まるで本物の魚がこちらを見ているような生命の力強さを感じます。どのような場面でこの皿が使われていたのか、とても気になります。
このように同じ魚文の描かれた作品でも、例えば今回のブログのように、目に注目するだけでも色々な感じ方ができます。目だけでなく、魚の姿や魚の泳いでいる風景などに注目しても、とても面白いと思います。

これから、連日暑くなると思いますが、皆様の「逸品」を探しにぜひ戸栗美術館へお越しいただけたらと思います。ありがとうございました。

(専修大学大学院 奈良竜一)






以上3記事にわたって、博物館実習実施報告をさせていただきました。
実習中はみなさん意欲的に取り組んでくださり、慣れない環境のなか、それぞれの専門も学年も異なる方々が、互いにコミュニケーションをとりながら団結して業務にあたっていらっしゃるご様子が印象的でした。
積極的に動いてくださり職員一同感謝申し上げます。

さて、今回の博物館実習では作品キャプションやイベント開催時の門立て看板用掲示物も制作していただきました。
キャプションは次回展覧会「18世紀の古伊万里-逸品再発見Ⅱ-展」にて展示いたします。
また、各掲示物は「やきもの展示解説 入門編」期間中(8/1~8/6)各人2日ずつ掲示し、さらに「とぐり式 お宝の包みかたを学ぼう」期間中(8/11~8/13)各人1日ずつ掲示いたします。
皆様、是非ご覧くださいませ。

末筆ではございますが、実習生のみなさま、6日間本当にありがとうございました。

(学芸員 小西)