2017/07/30

博物館実習報告②

はじめまして。東京学芸大学の石井紗輝と申します。今回、戸栗美術館で学芸員実習をさせていただいております。
学芸員実習では大変多くのことを学ばせていただいております。特に、作品を展示する際に固定するテグス張りの体験はとても難しかったです。学芸員の方は慣れた手つきでお手本を示してくださいましたが、実際に体験してみるとテグスの張りを保ったまま作品を固定するのが難しく、自分の不器用さも相俟ってなかなか上手にできませんでした。陶磁器を扱う美術館ならではの体験をさせていただきました。

今回ブログを執筆するにあたり、現在開催中の『17世紀の古伊万里―逸品再発見Ⅰ―展』より、私が特に印象に残りました「染付 兎形皿」について紹介いたします。
石井①


「染付 兎形皿」(図①)は第2展示室入って右手に展示されております。本作品は遠くから見ると一見丸い小皿の組食器に見えます。しかし近づくと小皿全体が兎を象ったものであることが分かります。兎の身体は向かって右方向に向いていますが、首をくるっと左に向け丸まっているように表現されています。耳は中央の顔から左右にのびる様に描かれており、構図の大胆さが窺えます (図②)。
石井②


5客とも、素地に型を押しあてて兎の形を作ったと推定されます。兎の輪郭が滑らかな凹凸によって表現されています。ぷっくりとした愛らしい丸い目が特徴的です。全体として優しげな印象を受けます。

この兎形皿の作られた17世紀後半は、伊万里焼の技術が最高潮に達した時期です。本作品で使用されている染付技法も高い技術に達し、それは本作品からも見て取れます。本作品の輪郭線は均質で細かく、腹部や首、耳の先端、足先、背中に施された繊細な毛並みは、兎の愛らしさを際立たせています(図③)。また、何といってもこの美しい染付の青色のグラデーションは、兎の立体感をその造形と相俟って絶妙なバランスで表していると言えるでしょう。親しみやすい上品さのなかにも、技術の高さを垣間見ることができます。
石井③



ちなみに、兎形皿の裏面には、波文様が描かれています(図④)。兎と波文様と合わせて「波兎」を表現しているうつわなのです。波兎というのは、因幡の白兎の神話や、謡曲・竹生(ちくぶ)島にある「月海上に浮かんでは、兎も波を走るか面白の浦の景色や」を意匠化したものとされています。慣習的に耳が長く描かれることが多く、本作品も耳は長めに描かれています。
裏面を見て波兎の意味することを理解できる江戸時代の人々の教養の高さと、裏を返して真の意味を知ることができる粋な造りに感嘆します。
石井④



今回紹介しました「染付 兎形皿」は、小さいながらもぎゅっと魅力の詰まった作品です。しかし、その大きさや薄さ、色合い等は、写真では伝わらない部分も多くあります。是非ご来館いただき、ご自身の眼でより多くの魅力を見つけていただけたらと思います。
最後まで読んでいただき有難うございました。
お忙しい中、丁寧に指導して下さった戸栗美術館の皆様に感謝申し上げます。

(東京学芸大学 石井紗輝)