2017/07/30

博物館実習報告①

戸栗美術館ではこの時期に博物館実習生を受け入れています。
今年は3名の実習生をお迎えしました。
その中の学芸業務体験の一環として、実習生に現在開催中の展覧会『17世紀の古伊万里-逸品再発見Ⅰ-展』出展作品のなかから1点選び、その魅力を各々ブログで語って頂きます。





成城大学文芸学部芸術学科3年生の真柄雄です。この度は学芸員の実習生として戸栗美術館にお世話になっております。
そのコレクションの中で、最も印象に残った美術品をご紹介します。それが、「染付 梅樹山水文 瓶」です。
伊-317⑥

この作品は、17世紀前半に作られた初期の伊万里焼です。なぜ印象に残ったかというと、この作品の持つ「美しさの要素の構造」に惹かれたからです。では、その要素について説明したいと思います。
まず、この作品の文様の色についてです。この文様の青色の発色は、染付によるものです。染付とは、呉須と呼ばれる酸化コバルトを主成分とする絵具で絵付けする技法のことを言います。そして絵具は、水で溶く濃度や、酸化マンガン・酸化クロムなどといった金属化合物の成分量、また焼成中の窯の中の状態など様々な条件によって色合いが左右されます。本作の文様の色からは、青と呼ぶには薄く、水色と呼ぶには落ち着いた淡い色合いがみられ、清楚で凛とした印象を受けることでしょう。
次にこの作品の艶は、素地の上にかけられるガラスの膜である釉薬によって表れています。それにより、光の当たっていない場所からは、淡くかわいらしい印象を受けるのと対照に、光が当たっている場所からは、色っぽく艶やかな印象を受けることでしょう。
一方上記の印象に対し、この作品の造形は、畝を残し、8面に削り出されたことから、ゴツゴツとした武骨なものとなっています。
四方図_小西作成



この「武骨なのに清楚」、「清楚なのに色っぽい」、「色っぽいのに武骨」という美の構造は、現代の言葉を借りるのであれば「ギャップ」などと呼ばれるのでしょうか。またその構造に加え、見る角度によって描かれた梅樹や山水文、また無地の部分の塩梅が変わるという多面体の特性も兼ね備えています。このように、特徴的な造形によって感じ方が変わる面白さというのもこの作品の魅力の一つでしょう。
以上の通り「どこを見るか」または「どう見るか」など、見方によって作品は様々な姿を見せます。その一方で「今日は落ち込んでいる」または「今日はうれしい」など、その時の気分によっても作品が、全く違った表情を見せるということが往々にして起こりえます。「作品が多くの表情を持つのと同じように、来館されるお客様も様々な表情を持っている」。これは、実習3日目の受付業務体験の際に私が感じたことですが、「作品の表情」と「作品の見方」というまるで巨大なパズルのピースのようにあちこち散乱しているものが、ある偶然で「パチン」とはまったときに人は「美しい」と思い、快感を覚えるのでしょう。そして快を求めて美術館へ足を運ぶのでしょう。その快を一人でも多くの方々に与えられるよう手助けをするという学芸員という仕事に、改めて尊敬の念を覚えました。

(成城大学 真柄雄)