FC2ブログ
2019/07/13

中学生職場体験学習

まだまだ半袖で過ごすには肌寒い日が続いています。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、戸栗美術館では7月9日~12日の4日間、中学生の職場体験学習を受け入れました。今回は松濤中学校から実習生をお迎えし、作品に関する調査や、作品についての紹介文の執筆をはじめ、館内の様々な業務を体験していただきました。
元々絵を描くことが好きで、美術館に興味があったという今回の実習生。調べ学習では学芸員の話に熱心に耳を傾け、積極的に取り組んでくださいました。
他にも、受付業務や広報発送作業など、お客様の時には見えない裏方の仕事などを体験し、学芸員の仕事が多岐にわたることも知っていただけたことと思います。今回の職場体験学習を通して、美術館に一層興味を持っていただけましたら幸いです。

それでは、現在開催中の『青のある暮らし―江戸を染める伊万里焼―』出展品の中から、実習生によるおすすめ作品を以下にご紹介していただきます。是非、ご覧くださいませ。

伊-936B①
伊万里 江戸時代(18世紀末~19世紀初) 口径19.5cm×10.9cm

 職場体験で4日間お世話になりました、松濤中学校2年高藤です。
 私にとってこの4日間はとても充実したものでした。皆さんが明るく出迎えてくれて、楽しくわかりやすく教えてくださりました。職場体験先が戸栗美術館で本当に良かったです。
 私が一番印象に残った伊万里焼の作品は、「染付 白鷺文 長皿」です。この作品を選んだ理由は、三羽共首の向きや羽の広げ方が異なっている所や、配置がとても興味深かったからです。二羽の白鷺は上を向いているけれど、残りの白鷺は下を向いていたり、一羽は長い首をS字状に曲げたりしている特徴的な作品です。
 他にもこの作品の良さがあります。それは染付ならではの青と白の使い方です。この長皿の周りには雲があり、とても濃い青色で描かれています。それとは対象的に白色で皿一面に大きく描かれている三羽の白鷺。他の似ている作品と比べてみると、この作品は白鷺に目が行く作品だということが分かりました。
さらによく見てみると、側面に山が描かれていることから、山の上の雲の中で三羽の白鷺がおもいおもいに飛んでいる様子も想像できる素晴らしい作品だということも分かりました。
伊-936B②

 そして、同時に二つの疑問が浮かびました。一つ目は皿の四つ角がへこんでいるのはどのような意味があるのか。もう一つはなぜこのような白鷺の配置にしたのかということです。二つの疑問を解決するために調べていくと、江戸時代後期からは糸切り成形による長皿が多くなっていき、糸切り成形の時使う型にあらかじめ細工をしておくことによって、このような四つ角ができるそうです。この四つ角には隅入(すみいり)という名称もありました。次に分かったことは、白鷺というのは日本であまり文様とされていなかったようですが、十四世紀頃の中国でよくつかわれており、中国磁器の影響をうけ、十七世紀頃初頭に誕生した伊万里焼では初期から取り入れられるようになるそうです。この頃から複数羽の白鷺が描かれる場合の顔の方向は違う向きでした。この「染付 白鷺文 長皿」が作られたのは十八世紀末~十九世紀初頭頃ですが、百年以上前の複数羽白鷺が描かれている作品と比べてみると変わった所もありました。首を違う方向に描くのは変わりませんが、昔より大胆な白鷺の見せ方や配置のずらし方。定番から離れた自由な作品が、時代が進むにつれて増えていくことが分かりました。伊万里焼の技術が上がっていくのを感じました。
 他の作品と見比べたり調べたりすることで、この作品の良さが初めて見たときよりもさらに分かりました。疑問を解決することで見えてくる良さもありました。もっと様々な作品を見て色々な疑問を見つけ、理解を深めていこうと思います。


慣れない環境のなか、積極的に業務にあたってくださり、職員一同とても助かりました。
実習最終日には「当館で実習ができて良かった」というお声を聞くことができ、何より嬉しく感じます。
4日間、ありがとうございました。

(学芸員 上田)