FC2ブログ
2018/11/30

中学生職場体験学習

秋も一段と深まり、朝夕は寒さが身にしみる時節となりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、戸栗美術館では11月26日~30日までの5日間、中学生の職場体験学習を受け入れました。
今回は渋谷区立代々木中学校から2名をお迎えし、美術館の様々な業務を体験していただきました。
慣れない環境で緊張するなか、お二人ともしっかりと業務に取り組んでくださいました。
受付や桐箱の結び方、キャプションの製作をはじめ、お客様には見えない様々な裏方の仕事を体験し、美術館での仕事が多岐に渡ることを知っていただけたことと思います。
なかでも、学芸員の重要な仕事のひとつである作品紹介では、自分で作品の魅力を見つけ、それぞれ興味のある作品を選ぶことができました。
今回の職場体験学習を通して、美術館に一層興味を持っていただけましたら幸いです。

それでは、開催中の『鍋島と古九谷-意匠の系譜-展』出展品の中から、各々お気に入りの作品を以下にご紹介していただきます。是非、ご覧くださいませ。



代々木中学校の佐藤幹高です。僕は5日間、戸栗美術館で職業体験させていただきました。作品カードから学芸員の仕事を細かく教えてくださいました。僕が職業体験する前は美術館の仕事も学芸員という名前も知りませんでしたが、ひとつひとつ丁寧に教えていただき、学芸員の仕事は自分が思ってたより多く大変でした。

牡丹文
僕が選んだ作品は江戸時代の18世紀前半に作られた「染付 牡丹文 皿」という鍋島焼のお皿です。この作品の色遣いは、白色と青色のみで、僕はシンプルで整った物が好きなのでこの作品を選びました。
見込には大きく描かれた満開の牡丹もあり、まだ牡丹が花開いてない蕾もあります。牡丹の花に注目すると、花びらの縁は中心より白くなっています。また、しっかりと牡丹の花びらの柔らかさが描かれており、とても写実的です。
牡丹の葉も表は濃く描かれていますが、所々に見える葉の裏側は、少し表より薄く描かれています。この塗りつぶす技法を濃(だみ)といい、青色の濃淡を駆使した本作を作るには職人の高い技術が必要です。
そして、作品の裏を見てみると、表の写実的な牡丹に対して、裏は細い茎に小さな葉、大きな牡丹があって、デザイン化されています。ただし、裏面に書かれている牡丹も表のように、少し中心が濃く外側は少し薄くなっています。デザイン化しても濃によるグラデーションが、牡丹の花の雰囲気を残しています。
裏(牡丹文)
表面より描きにくそうな裏面一面にも文様が描かれていて、とても手が込んでるように見えます。この作品の横に鏡があるので裏面も是非見てみてください。




代々木中学校の宮内智樹です。僕は5日間戸栗美術館で職場体験をさせてもらいました。最初は楽だと思っていましたが、やってみるととても大変でした。伊万里焼についての勉強や、受付の仕事など色々なことを体験しました。この体験を通して学芸員が大変な仕事だと知りました。この経験を今後に生かしていきたいと思います。今回は5日間で調べた伊万里焼の作品を紹介します。

石畳文   石畳文裏
今回一番印象に残ったのは「色絵 石畳文 皿」です。17世紀中期に作られた古九谷様式の作品で、色鮮やかなのが特徴。伊万里焼は白や青のイメージだったため、この作品を見て驚きました。
この作品には二つの魅力があります。ひとつは見込の模様。黄色と黒色の二色の色遣いが印象的です。あえて石畳文の線を真っすぐに引いてないことで、人によって文様の見え方が違います。僕には田んぼに見えましたが、顔に見えるという人もいます。そういうことを考えながら見ると、普通に見るのとはまた違った面白さがあります。
ふたつ目の魅力は裏側です。見込の文様がインパクトがあるため、裏は注目されにくいですが、実は文様があります。全体が黄色で塗りつぶされていて、そこに、細かな菊唐草が描かれています。見込の大胆な文様と、裏の繊細な模様がひとつの作品にあらわされていて面白いです。
伊万里焼はただ見るだけではなく、細かいところまでよく見ると、新たな発見があります。作品を見るときそういった所も注目してみてください。