FC2ブログ
2018/08/05

博物館実習報告②

東京工芸大学の福田です。博物館実習生として6日間、戸栗美術館にお世話になりました。私は普段大学でデザインを学んでいるので、陶磁器に関してあまり知識のないまま実習に臨んだのですが、美術館の方々はとても優しく丁寧に教えてくださりました。中でも、教育普及活動についてのお話が印象的で、どうすれば子どもたちに来てもらえるか、若い世代に興味を持ってもらえるかなど日々考えていらっしゃるのを知って、初めて来館してくださるお客様にも楽しんでもらえるような美術館作りが必要なのだと感じました。

私は「青磁 瓢形瓶」と「瑠璃釉 瓢形瓶」の2つを選びました。
まず始めに「青磁 瓢形瓶」をご紹介します。この作品は江戸時代の18世紀に作られたものです。青磁の釉薬のツルンとした質感と瓢箪の器形の丸みが印象的ですね。私はこの質感とフォルムが好きです。釉薬とは素地の上から掛けられるガラス質の膜のことで、様々な陶磁器に使用されており、光が当たると艶感が出て美しさが際立ちます。本作に掛けられている釉薬は深みのある緑色をしていて、まさに瓢箪の実をイメージできるでしょう。瓢箪の形はただ丸いだけではなく、中央部にくびれがあることで、存在感の強さに加えメリハリを感じることができます。
「シンプルで美しい」というのはモノを作る上で究極的な考え方であると思っているのですが、この作品はその考え方をあらわしているように見えます。

青磁1 「青磁 瓢形瓶」伊万里 江戸時代(18世紀)

次に「瑠璃釉 瓢形瓶」をご紹介します。江戸時代の17世紀中期に作られた作品で、瑠璃釉を掛ける前に堆線(白泥を盛り上げてあらわした線)がひねったように見えるよう、あらわされていることで、下から上に向かって立ち上っていくような躍動感を感じるとともに、瓢箪の形に変化を与えています。

瑠璃2

上から見るとひねったようにあらわされていることがよく分かりますね。私はこの作品を初めて見たとき、この堆線がどれくらい盛り上がっているのか触ってみたくなったのですが、皆さんはいかがですか?

瑠璃1 「瑠璃釉 瓢形瓶」伊万里 江戸時代(17世紀中期)

このように同じ瓢箪をモチーフにした作品でもそれぞれに個性があり、また、同じ伊万里焼でも、シンプルに釉薬を掛けただけのものから、絵付けを施されたものまで様々あります。
今回ご紹介した作品は展示室内に隣り合わせで並んでいます。2つの釉薬の色やちょっとしたカタチの違いを見比べてみるのも面白く鑑賞できるポイントになりそうです。
私は質感とフォルムに注目してみましたが、他にも注目できる点があると思います。
ぜひ実際にご鑑賞いただき、面白いポイントを見つけてみていただけたらと思います。

(東京工芸大学 福田)