FC2ブログ
2017/11/27

『長崎みかわち焼展』を拝見いたしました。

現在渋谷ヒカリエにて開催中の『長崎みかわち焼展』を拝見いたしました。

みかわち焼とは長崎県佐世保市三川内で焼かれたやきもののこと。
17世紀前半に本格的な磁器の焼成がはじまり、その後、17世紀後半には、献上品や禁裏御用品などの高級品を生産できるまでに発展していきました。
18世紀にかけてその技術を洗練させ、19世紀以降は、繊細な細工や卓越した造形美を持つ製品を作り、国内外の富裕層の間で人気を博します。


ひとつひとつ丁寧に作り上げていくのがみかわち焼の真髄。その精神は現代まで受け継がれています。

今展では、これぞみかわち焼といった超絶技巧な細工を持つ江戸時代の作品から、伝統のなかに個性が光る現代作家各氏の作品まで幅広く展示されています。
みかわち焼の流れを展観することができる展覧会です。

当館でも2018年1月7日(日)から3月21日(水・祝)まで2階特別展示室にてみかわち焼のパネル展示を行います。
この機会にぜひ九州のやきもの、みかわち焼に触れてみてはいかがでしょう。


長崎みかわち焼展

11月25日~12月7日


(学芸員 小西)


2017/11/18

2018年カレンダーの販売がはじまりました

みなさまこんにちは。

戸栗美術館2018年版カレンダーが完成いたしました。

今回は、2018年7月4日(水)から9月22日(土)に開催予定の『古伊万里植物図鑑展』の出展作品の中から作品を選出。
季節の移ろいを感じられるよう、四季折々の植物モチーフのうつわを掲載いたしました。

ちなみに、現在開催中の『18世紀の古伊万里-逸品再発見Ⅱ-展』でも出展しております、「色絵 龍文 菊花形鉢」が華やかに表紙を飾っております。
2018年カレンダー表紙
戸栗美術館2018年カレンダー 1000円(税込)


館内には見本もご用意しております。
是非お手にとってご覧くださいませ。


(学芸員 小西)
2017/11/17

池袋東武『文様を楽しむ たなかふみえ作品展』を拝見しました

現在、当館一階やきもの展示室にて第四回目の作品展を開催中のたなかふみえ氏の個展が、昨日16日から池袋東武でも始まりました。

古伊万里の文様を採り入れながらも、現代に馴染むように愛らしく工夫を凝らされた文様の数々は、まさに『文様を楽しむ』という展覧会名の通り、いつまでも見飽きません。

文様の中には、吉祥の意味がこめられているものも多くあります。降れば豊作になるという雪を意匠化した雪輪文、中国で「福」の字と同じ発音であることから幸福をもたらすという蝙蝠(こうもり)文、冬に備えて食べ蓄えてふっくらとした可愛らしい姿に当て字した福良雀(ふくらすずめ)...。

そんな様々な文様が絵付けされた五段重や鉢、蓋付碗、皿、猪口などを見ていると、ここには何を盛ろうか、これとこれを組み合わせたら華やかだろうな、などなど、楽しい気持ちがどんどんと膨らんで行きます。

池袋東武ではたなかふみえ氏の代表的な文様の数々を拝見できます。
また、当館では開催中の展覧会『18世紀の古伊万里―逸品再発見Ⅱ―展』に併せて新しく描き下ろされたきらびやかな文様をご覧いただけます。
是非、ふたつの作品展で、たなかふみえ氏のうつわの世界に浸られてみてはいかがでしょうか。

『文様を楽しむ たなかふみえ作品展』
池袋 東武
~11月22日

『第4回 たなかふみえ作品展』
戸栗美術館
~12月20日

(学芸員 黒沢)
2017/11/17

11月8日放送の東京サイトにて当館展覧会が紹介されました。

みなさまこんにちは。

11月8日放送の東京サイトで、当館展覧会をご紹介いただきました。

下記より動画をご覧いただけます。

東京サイト「18世紀の古伊万里-逸品再発見Ⅱ-展」

当館学芸員の黒沢が本展覧会の見どころを解説いたしました。

ぜひご覧ください。

(学芸員 小西)
2017/11/07

ショップ商品のご紹介

みなさま、こんにちは。
現在当館では「18世紀の古伊万里―逸品再発見Ⅱ―展」(12/20まで)を開催中です。

1階ミュージアムショップでは、展覧会に合わせた商品ご用意しております。



当館1階やきもの展示室にて第4回目となる個展を開催中のたなかふみえ氏絵付けの新作商品を入荷しております。

○木瓜型豆皿 各1,404円~ ※絵付け技法によって販売価格が異なります。

たなかふみえ氏_小皿一覧

今回も江戸の定番や季節に合わせた文様、展示にあわせたものなどヴァリエーション豊か。
もちろん絵付けはすべてたなかふみえ氏が手描きで施しています。
裏には小さな三つ足が付けられており、やわらかい絵付けと相俟って、かわいいらしい印象です。

たなかふみえ氏小皿_紅葉201706ショップふみえ


ちょっとしたお茶菓子を入れたり・・・
いつも使う小物を入れたり・・・
玄関やデスクの飾り皿として・・・など様々な場面でお使いいただけます。

絵柄も豊富ですので、ぜひお気に入りの一枚を探してみてください。


○たなかふみえ氏制作 干支盃 予約受付中
たなかふみえ氏制作 干支盃

数量限定予約販売の干支盃の受付も行っております。
詳細はこちらをご覧ください。




○石丸陶芸 唐草小鉢 756円

唐草小鉢

2種類の唐草があしらわれた小鉢は使い勝手のよいサイズです。
おひとつからご購入頂けます。


○石丸陶芸 唐子湯呑 各1404円~
唐子湯呑


手馴染みのよい大きさの湯呑。
縁についた唐子はひとりひとり違った表情を見せてくれます。
唐子湯呑_顔拡大


商品名は湯呑ですが、蕎麦やお酒を楽しむ猪口としてもお使いいただけます。



○風呂敷 1296円
風呂敷



ご要望にお応えして、今期より販売を開始いたしました。
30㎝×30㎝の風呂敷は、お子様のお弁当を包むのにぴったり。

ご購入のお客様には風呂敷包み方ガイドも封入いたします。




本記事でご紹介させて頂きました商品は、いずれも1階ミュージアムショップにてご購入いただけます。
ぜひお手にとってご覧くださいませ。


(学芸員 小西)
2017/11/07

「美の壺 伊万里焼から有田へ」再放送のお知らせ

皆様こんにちは。


昨年放送されました「美の壺 伊万里から有田焼へ」(30分版)が本日11月7日(火)再放送されます。

<NHK BSプレミアム> 12:30~12:59


間際の告知ではございますが、お時間がございましたら是非ご覧ください。

(学芸員 小西)