FC2ブログ
2017/05/31

やきもの研修旅行 第2回「異国文化の窓口 出島」

日ごとに夏の足音を感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、先月より2017年2月に行われたやきもの研修旅行のご報告をさせて頂いております。
第2回目は「異国文化の窓口 出島」をご紹介していきます。

出島とは、江戸時代の貿易の窓口である扇形の人工島です。
キリスト教が広まるのを制限しつつ、海外貿易を継続するために寛永11年(1634)から2年程の歳月をかけて作られました。
寛永13年(1636)に完成し、はじめは長崎市中に雑居していたポルトガル人が入居しましたが、まもなく国交が途絶えると、寛永18年(1641)には平戸にあったオランダ商館を移転させます。
以降出島は218年もの間、西洋貿易の拠点として、文化や技術の集まる大舞台でした。

出島は明治以降の出島周辺の埋め立てによってその姿を消したのち、今日まで修復と復元を重ねられ、現在では江戸から明治の町並みが復元されています。
それぞれの建物が資料館として機能しており、その景観も含めて島全体が巨大な資料館となっているのです。

当館の主な所蔵品である伊万里焼と出島の関係は深く、17世紀後半の伊万里焼の海外輸出時代には出島を経由して西欧に輸出されていました。
実際に、出島からは輸出向けの伊万里焼の出土が確認されており、荷積み前に問題があって廃棄したとみえるものや、使用痕があり、輸出されずに商館内で消費されたとみえるものなど様々です。

また、伊万里焼の輸出時代が終わったあとも、出島に居住していた外国人向けの製品を販売しており、これらの陶片も出土しています。
こういった出島から出土したものは、現在、考古館(幕末商社の石倉跡)にて展示されておりました。
展示数が多く、一日中いることができるくらいボリュームがありました。


インターネットが爆発的に普及した現代では、実際に自分の目で本物を見たり、現地に行くことの意味が問われることが多くなりつつあります。
今回、出島に足を運んで、船着き場の跡地や出土品を自分の目で拝見し、また島の町並みを歩いたことで、当時の人々の暮らしぶりを肌で感じることができました。

江戸時代、出島ではどのようなやりとりが行われていたのでしょう。想像が膨らむというのは楽しいことです。


(学芸員 小西)
2017/05/27

「17世紀の古伊万里-逸品再発見Ⅰ-展」が始まりました

暦の上では夏となり、日射しがまぶしくなってまいりました今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日5月27日より「17世紀の古伊万里-逸品再発見Ⅰ-展」(~9月2日迄)を開催しております。
月曜日が休館日となりますが、今展ではフリートークデーを設けており、
毎月第4月曜日(6月26日、7月24日、8月28日)は通常開館しております。
お話ししながらご鑑賞いただけますので、是非ご家族やご友人と作品の魅力を語り尽くしにいらしてください。

また、前回に引き続き、毎週金曜日は20:00までの開館です。(入館受付は19:30まで)


「17世紀の古伊万里-逸品再発見Ⅰ-展」では陶器と磁器の違いといった基本的なことから、
「かたち」や「素地の白」など、うつわを見る際にポイントとなる15のテーマのもと約70点の作品を展示しております。
また、初出展作品として「色絵 桐亀甲文 輪花皿」も出展しております。
江戸時代の技術の粋が尽くされた大変華やかな作品ですので、是非実物をご覧くださいませ。
やきものをこれから勉強したい方にも、何度も当館に足をお運び頂いている方にも楽しんで頂ける内容と思います。

皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。


(学芸員 青砥)
2017/05/15

開館30周年記念特別展 柿右衛門展ありがとうございました。

昨日、「開館30周年記念特別展 柿右衛門展」の会期が終了いたしました。
今展は、全国よりたくさんのお客様に足を運んでいただき、当館職員一同、嬉しく思います。
ご来館、誠にありがとうございました。

さて、本日5月15日(月)から5月26日(金)にかけて、展示替えのため、休館いたします。
何卒、ご了承くださいませ。
次回は5月27日(土)から「17世紀の古伊万里―逸品再発見Ⅰ―展」を開催いたします。
展覧会の詳細はこちらをごらんくださいませ。→次回の展覧会へ

今展は展覧会初日に展示解説がございます(5月27日 11時~)
皆様ぜひご参加下さいませ。

次回展覧会も皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

当館職員一同
2017/05/11

展示替えに伴う休館のお知らせ

日ごとに日差しが強くなり、緑映えるこの頃、皆様お変わりございませんでしょうか。

はやいもので、現在開催中の「開館30周年記念特別展 柿右衛門展」も5月14日(日)で最終日を迎えます。
今展では、なんと言っても15代酒井田柿右衛門氏の新作に足を止めて、じっくりご鑑賞される方が多かったように思います。

本展もたくさんのお客様にご来館頂き、誠にありがとうございました。
残り僅かな期間ではございますが、最終日までどうぞよろしくお願い申し上げます。



さて、5月15日(月)から5月26日(金)まで展示替えの為、休館致します
皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

次回の展覧会は5月27日(土)より「17世紀の古伊万里-逸品再発見Ⅰ-展」を開催いたします。

実は、本展は展覧会初日に展示解説がございます(5/27(土) 11時から)。
この機会に是非足を運んで頂けましたら幸いです。

次回も皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

(学芸員 小西)
2017/05/01

5月の予定

新緑映える今日この頃、皆様、如何お過ごしでしょうか。

さて、当館の5月の予定をお知らせ致します。


『開館30周年記念特別展 柿右衛門展』開催中です。(~5/14迄)

○今展期間中は休まず開館致します。
○毎週金曜・土曜は20:00まで開館致します(入館受付は19:30まで)。

江戸時代より続く色絵磁器の名家である酒井田柿右衛門家。2014年に襲名された十五代酒井田柿右衛門氏の初公開作品を含む15点を中心に、近現代の歴代柿右衛門氏の優品や、江戸時代に作られた柿右衛門様式の伊万里焼をご紹介いたします。
伝統を受け継ぎながらも、次の時代へと新たな展開を見せる「柿右衛門」のすべてをお楽しみください。

第3展示室同時開催『磁器生誕から100年の変遷』(~5/14迄)

こちらでは初期の伊万里焼から技術が爛熟する元禄期までの100年の変遷を各様式の特徴に注目しながらご紹介しております。
柿右衛門様式の伊万里焼の初出展作品も公開しておりますので、併せてご鑑賞くださいませ。

展示の詳細はこちらをご覧下さい。


■GW期間中、小中学生のご入館料無料
中学生の方は学生証のご提示をお願い致します。


■GW特別企画 やきもの展示解説 入門編 開催(5月3日(水・祝)~5月7日(日))

陶片に触れながら陶器と磁器の違いや伊万里焼の歴史などを学んだ後、開催中の展覧会をご案内いたします。
初心者の方もお楽しみいただける入門編の解説です。
ご入館券をお求めの上、お気軽にご参加ください。(ご予約は不要です。)

◇ご参加頂いた方には、当館特製リーフレットをプレゼント致します。

日にち:5月3日(水・祝)~5月7日(日) 
時間:各日14時~(所要時間 約60分) 
参加ご希望の方は、お時間までに当館1階ラウンジにお越し下さい。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。



■5月展示解説日程
  【第2・第4 水曜日 午後2時~】
   5月10日
 
 【第2・第4 土曜日 午前11時~】
   5月13日


いずれも所要時間 は40~60分程度。予約不要です。入館券をお求めの上、ご自由にご参加ください。

皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。