FC2ブログ
2017/04/30

ツツジが見頃を迎えています

今年もゴールデンウィークを迎え、皆様いかがお過ごしでしょうか。

新緑が目に鮮やかな季節となりましたが、
当館のツツジは紫がかった赤色の華やかな品種。今を盛りに咲いております。
ツツジは、正面入り口を出て、右手にございます。
tutuzi3.jpg

ツツジと言えば、14代酒井田柿右衛門氏がよく作品に描いたモチーフの1つであり、今展でも、同文様の作品が出展されております。

ご来館の際には、是非2つのツツジをお楽しみいただけたらと思います。

(学芸員 青砥)
2017/04/28

GW特別企画のお知らせ

緑豊かな季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、当館ではGW特別企画のイベントを予定しております。

①GW期間中、小中学生のご入館料無料にさせていただきます。

②GW特別企画「やきもの展示解説 入門編」を開催致します。

開催期間:5月3日(水・祝)~7日(日)
時間:毎回午後2時から(所要時間約60分)
ご予約は不要です。ご入館券をお求めの上、ご参加下さい。
◇期間中ご来館頂いた方には、当館特製リーフレットをプレゼント致します。
詳しくはこちらをご覧ください。

この機会にせひ当館にお立ち寄りくださいませ。
皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。
2017/04/25

お庭の藤の花がほころびはじめました

清々しい季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、当館のお庭では藤の花房がほころびはじめました。

藤20170425


藤の栽培というと、藤棚がメジャーですが、当館のものは盆栽で、珍しいものです。

まだ完全に花弁が開ききっていませんが、今朝、早速、蜜蜂が花房の周りに集まっていました。
満開が待ち遠しいのはわたしたちだけではないようです。


ご来館の際には、是非お庭もお楽しみいただけたらと思います。

(学芸員 小西)
2017/04/22

やきもの研修旅行 第1回「やきものの里 有田」

新緑に囲まれ、清々しい日々が続く今日この頃、皆様お変わりございませんでしょうか。

さて、2017年2月に有田や波佐見などやきものに関連する場所へ研修旅行に行って参りました。
今月より研修旅行で学んだことを徐々にブログでご報告していきます。
皆様のやきものの里探訪の一助となりましたら幸いです。

第1回目はずばり「磁器の里 有田」をご紹介していきます。

日本で初めて磁器が焼かれた町、佐賀県・有田は現在でも磁器の町として有名です。
町並みはというと、至るところに窯元さんがあったり、また歩けばべんじゃら(陶磁器のかけら)が落ちていたりと、散策するだけでも他の場所ではみることができない風景が広がっています。

今回は学芸員 小西が有田で是非お立ち寄り頂きたいスポット3選をご紹介いたします。

1.泉山陶石採掘場
1610年頃、朝鮮陶工の李三平が泉山陶石を発見したことが、日本初の国産磁器のはじまりと言われています。
泉山陶石は400年以上の長きにわたって採掘され続けております。現在では保護のため中に入ることはできませんが、正面からの眺めは、磁器が作られてきた歴史の長さや陶石の質感などを実感させます。

また、お隣の有田歴史民俗資料館では、伊万里焼の作り方や歴史を、膨大な出土陶片を含めた展示品から学ぶことができます。

2.柿右衛門窯
現在戸栗美術館にて「開館三十周年記念特別展 柿右衛門展」を開催しておりますが、そうでなくても一度はお立ち寄りいただきたいのが柿右衛門窯です。
柿右衛門窯は、有田・南川原にある江戸時代より続く色絵磁器の名窯です。
酒井田家に伝わる古文書のひとつ「赤絵初りの覚」によれば、酒井田喜三右衛門、のちの初代酒井田柿右衛門が赤絵の焼成に成功し、1647年には製品を長崎で売ったと言います。

現在の柿右衛門窯ではショウルームのほか、古陶磁記念館も併設されており、当代を含む近現代の歴代酒井田柿右衛門氏の逸品や江戸時代に作られた柿右衛門様式の伊万里焼が展示されています。

3.佐賀県立九州陶磁文化館
有田駅から徒歩12分程の小高い丘の上にある陶磁器専門施設です。
伊万里焼をはじめ、九州の陶磁器を中心とした企画展のほか、柴田夫妻が蒐集した膨大な古伊万里コレクション(柴田コレクション)の一部を常設展示しています。館内の解説がわかりやすく、やきものの概要をつかみたい方におすすめです。

以上、有田のおすすめスポット3選でした。

また、有田では毎年春に陶器市が開催され、当館でおなじみの絵付師、たなかふみえ氏も出品される予定です。
有田駅から上有田駅までお店が広がる磁器の町ならではの大きな催し物です。

「第115回有田陶器市」
会期:2017年4月29日(土)~5月5日(金)
開催時間:7時30分~17時30分
たなかふみえ氏の作品は手塚商店にてご購入いただけます。

有田陶器市の期間に是非訪れてみてはいかがでしょう。

(学芸員 小西)
2017/04/18

「日曜美術館」アートシーン再放送のお知らせ

桜も盛りを過ぎ、日中は暖かな日が増えてまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、4月16日に放送されました、NHK『日曜美術館』アートシーンの再放送が決定致しました。
当館で開催中の「開館30周年記念特別展 柿右衛門展」をご紹介頂いております。
既にお越しいただいた方も、まだの方も柿右衛門に一層親しんでいただける内容となっております。

「日曜美術館」
※日曜美術館アートシーン内での放送になります
4月22日(土) 15:45~15:59内 <NHK Eテレ>

皆様、どうぞご覧下さいませ。
2017/04/09

お庭の桜が満開を迎えます。

花薫る季節となりました。
当館のお庭の桜も明日、明後日ごろ満開を迎えそうです。

当館の桜はどちらも枝垂桜なのですが、奥が一重咲、手前が八重咲と少し種類が異なります。
そのため、開花時期も奥からだんだんと咲いていき、今年はここ数日で双方の桜が満開を迎える見込です。

また、「開館30周年記念特別展 柿右衛門展」期間中は夜間開館を行っており、これにあわせてお庭のライトアップを致します。

【ライトアップ日時】
毎週金曜・土曜17時から20時まで

オススメDSCN4317

皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。
2017/04/07

「日曜美術館」、「地モトTV おかえり!TOKYO」にて当館が紹介されます

桜の花も盛りを迎え、花便りが一段とにぎやかな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、2017年4月16日(日)放送のNHK『日曜美術館』にて、ただ今開催中の「開館30周年記念特別展 柿右衛門展」が紹介されます。
今展のみどころの他に、15代酒井田柿右衛門氏の作品についての解説もございます。

「日曜美術館」
※日曜美術館アートシーン内での放送になります
4月16日(日) 9:45~10:00内 <NHK Eテレ>
4月16日(日) 20:45~21:00内 <NHK Eテレ> ※再放送

また、4月20日(木)『地モトTV おかえり!TOKYO』でも2分程、今展の紹介映像が放送されます。
こちらは放送地区が渋谷区・目黒区・世田谷区・大田区・町田市に限られます。
ご了承下さい。

「地モトTV おかえり!TOKYO」
4月20日(木) 7:00~7:20/ 19:00~19:20/22:00~22:20 <地上デジタル 10ch>

皆様、どうぞご覧くださいませ。
2017/04/01

4月の予定

桜も色づき始めた今日この頃、皆様、如何お過ごしでしょうか。
年明けから3ヶ月の休館をしておりました戸栗美術館も、4月1日より気持ち新たに開館致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

さて、当館の4月の予定をお知らせ致します。


『開館30周年記念特別展 柿右衛門展』開催中。(~5/14迄)

○今展期間中は休まず開館致します。
○毎週金曜・土曜は20:00まで開館致します(入館受付は19:30まで)。

江戸時代より続く色絵磁器の名家である酒井田柿右衛門家。2014年に襲名された十五代酒井田柿右衛門氏の初公開作品を含む15点を中心に、近現代の歴代柿右衛門氏の優品や、江戸時代に作られた柿右衛門様式の伊万里焼をご紹介いたします。
伝統を受け継ぎながらも、次の時代へと新たな展開を見せる「柿右衛門」のすべてをお楽しみください。

第3展示室同時開催『磁器生誕から100年の変遷』(~5/14迄)

こちらでは初期の伊万里焼から技術が爛熟する元禄期までの100年の変遷を各様式の特徴に注目しながらご紹介しております。
柿右衛門様式の伊万里焼の初出展作品も公開しておりますので、併せてご鑑賞くださいませ。

展示の詳細はこちらをご覧下さい。

■4月展示解説日程
  【第2・第4 水曜日 午後2時~】
   4月12日、26日
 
 【第2・第4 土曜日 午前11時~】
   4月8日、22日


いずれも所要時間 は40~60分程度。予約不要です。入館券をお求めの上、ご自由にご参加ください。

皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。