2016/07/31

博物館実習報告②

実践女子大学・文学部美学美術史学科4年の清水ひろみです。将来、学芸員になる為に、戸栗美術館で6日間、実習を受けさせて頂きました。
 戸栗美術館では、「古伊万里唐草―暮らしのうつわ―展」を開催しています。唐草文様が描かれた作品を中心に、暮らしと関連する作品も展示しています。今回は、第3展示室「磁器生誕から100年の変遷」より、私が、特に印象に残った作品である「色絵 竹虎牡丹文 皿」について紹介したいと思います。
伊-508①
この作品は、江戸時代、17世紀後半の作だと推定されています。伊万里焼の中でも、柿右衛門様式の作品です。乳白色の濁手(にごしで)素地の口縁に縁銹(ふちさび)が施されています。画面には、竹虎と牡丹という柿右衛門様式の定番の文様を組み合わせ、意匠化された牡丹花と縞模様が多いデフォルメされた虎が描かれています。
 柿右衛門様式は、余白の多い構図、赤色を多用した絵付けという2つの特徴があります。これらの特徴を本作品で見ていきましょう。
 まず初めに、構図についてです。全体的にモチーフが小さく描かれており、余白を多く作っています。本作品を見てみると、画面左に、右上を見上げる虎がいます⑴。その視線の先には、画面右上で左向きに咲く大輪の牡丹花があります⑵。その牡丹の枝に沿って降りていくと、左上に向かって、黒い垣根で咲く花に目がいきます⑶。そして、咲いている方向である左上に沿って視線を移動させると、竹からスッと伸びて咲く花へ辿り着くようになっています⑷。こうした一連の流れを作ることで、一見バラバラに見える文様に、何か関連性があるのではないかと感じさせます。
伊-508④
伊-508① - コピー
伊-508① - コピー (2)
伊-508① - コピー (3)
次に、絵付けについてです。本作品は、釉薬の上から絵付けを施す「上絵付け」を用いており、発色から水彩画のようなみずみずしさが感じられます。それは、全体的な上絵付けからも感じられますが、特に、青色で上絵付けされている竹の色から感じられます⑸。まるで、グラデーションのように濃い部分と薄い部分があり、竹の青々しさも伝わってくるようです。また、柿右衛門様式は、絵付けの中でも、赤色を多用しています。本作品では、牡丹花だけでなく、垣根にも施されており、みずみずしさの中にも、華やかさが演出されています。
伊-508① - コピー (5)
 ちなみに、柿右衛門様式は、主に、海外へ輸出する観賞用の製品として製作されました。本作品の裏面に着目すると、その影響なのか、絵付けが全く施されていません⑹。何故なら、壁に掛けるなどをして鑑賞していたことから、裏面に絵付けをする必要が無かったと考えられている為です。本作品だけでなく、柿右衛門様式の作品は、裏面に絵付けを施していないことが多いです。
伊-508③
 以上のことを踏まえて、私なりの解釈を加えて考えていこうと思います。
 モチーフに着目してみると、一見、竹虎文様と牡丹文様を組み合わせただけに見えます。しかし、1つの大きな流れとなる構図を踏まえて考えてみると、牡丹の美しさに思わず見取れてしまう虎の恋心を表現した姿、逆に、その美しさに嫉妬している虎の様子、あるいは、恐ろしい自分の姿と比べ、牡丹に羨望している虎の様子などにも捉えることが出来、これらから、この虎がオスなのかメスなのか、牡丹と虎の関係性は何なのかなど想像力を刺激してくれるような作品となっています。
 今回は、「色絵 竹虎牡丹文 皿」について紹介しましたが、自分の目で見てみることで、様々な作品の魅力に気づき、自分なりの解釈から、作品そのものの理解を深めていくことが出来ます。
 これから、うだるような夏の暑さが始まります。「古伊万里唐草―暮らしのうつわ―展」へお越し頂き、今回紹介しました「色絵 竹虎牡丹文 皿」のみずみずしい上絵付けの発色と共に、陶磁器の爽やかな絵付けに涼んでみませんか。





実習中、おふたりとも熱心に取り組んでくださいました。
慣れない環境のなか、積極的に業務にあたってくださり、職員一同とても助かりました。
ありがとうございました。
(小西)
2016/07/31

博物館実習報告①

戸栗美術館ではこの時期に博物館実習生を受け入れています。
今年は2人の実習生を受け入れ、先日、無事に全日程を終えました。
学芸の課題として、実習生のお二人に現在出展中の作品のなかから1点選び、その魅力を各々ブログで語って頂きます。


 伊-570①
伊-570③
東京学芸大学・学部4年の青砥めぐみです。実習生として、戸栗美術館で6日間、学芸員の仕事を体験させて頂きました。
 現在、戸栗美術館では「古伊万里唐草―暮らしのうつわ―展」を開催しています。伊万里焼の定番の文様となった唐草と伊万里焼の変遷をみる展示です。そもそも、唐草文様は中国から日本へ伝わったと考えられています。その唐草文様が、伊万里焼ではどのように受容されたのかを「染付 山水文 鉢」(17世紀前期)から見ることができます。本作では縁にぐるりと、葉を点状に表した菊唐草文が描かれています。私たちが一般的にイメージする唐草文様とは一見異なる形をしていますが、連続して絡み合う植物の様子は唐草文様の特徴を備えていると言えます。
 さらに、本作は伊万里焼の唐草文様のはじまりであると同時に、伊万里焼のはじまりでもあります。そのため、胎土や釉薬などの原料の精製が不十分で、不純物を含むために全体が暗い発色となっています。また、焼成の際に中心がへたるのを防ぐために、34.7㎝の大きさがある鉢に対して、高台径が10㎝しかありません。見込には主題である山水文が描かれていますが、縁の唐草文様と同様に、その描画も素朴なものです。上記の特徴は初期伊万里の特徴としてよくみられます。
 磁器という新しい技術の芽生えの時期の作品であるため、今回展示されているものの中では最も技術の未熟さの残る作品であるかもしれません。しかし、私はこの「染付 山水文 鉢」は他にない魅力を持っていると思います。ガラス質の釉薬で覆われる磁器は、陶器と違い、艶やかで硬質な印象がありますが、釉にムラがあり、表面に粗さが残る本作は、磁器でありながら温かみを感じさせます。釉がかからずに、茶色に発色してしまった部分からは、冷たいガラスの膜を生むのが高熱の窯の仕事であることを思い出させてくれます。不純物による暗い発色も他の伊万里焼にはない滋味を感じさせます。
 また、素朴な絵付けは民画に似た自由闊達さがあり、遠景の配置も決して優れた空間構成ではありませんが、かと言ってアンバランスでもありません。小さな高台も安定感こそ感じさせませんが、器を支える役目を充分に果たしています。何もかもが絶妙なバランスで保たれており、その不完全さや不揃いな姿に後の時代の伊万里焼にはない魅力や面白さが宿っていると思います。未熟ではありますが、この後に古九谷様式、柿右衛門様式、古伊万里金襴手様式など華やかに進んでいく伊万里焼の歴史のはじまりにふさわしい作品だと言えます。
 上記で紹介したような初期伊万里から始まり、後は巧みな絵付けや文様で装われた伊万里焼ですが、伊万里焼を美術品として鑑賞するようになったのは明治時代以降のことです。それ以前は使うための器でした。本展は副題に「暮らしのうつわ」をとっており、美術品として観るだけでなく、昔の人はどう使っていたのか、自分ならどれを使ってみたいかなど考えてみると、より一層楽しめる展示だと思います。
2016/07/27

渋谷駅からの道順

当館の最寄駅は渋谷駅と京王井の頭線の神泉駅とがありますが、ここでは渋谷駅から当館までの道順をご案内します。
渋谷駅からの道順は水色の点線です。

map・カラーcs5ol


JR、東急東横線、地下鉄銀座線をご利用の方は経路①から。
地下鉄半蔵門線・副都心線、東急田園都市線をご利用の方は、経路④からご覧ください。

【ハチ公口の出口と忠犬ハチ公の銅像】

①まず、JR渋谷駅に着きましたら、ハチ公口から当館へ出発です!(東急東横線、銀座線をご利用の方は駅構内を通ってハチ公口方面へ。)

7.jpg




②目の前にあるのは日本で一番有名なスクランブル交差点。ここを斜めに抜けてファッションビル渋谷109を目指します。


14.jpg





③ファッションビル渋谷109を角に、道玄坂(黄矢印)と文化村通り(赤矢印)に道が二手に分かれていますので、右折して文化村通りへ。


11.jpg






④109の脇の「3a」出口(左写真は地下、右写真は路上の景観)。
地下鉄半蔵門線・副都心線、東急田園都市線をご利用の方は、ここからスタートです。

12.jpg






文化村通りをまっすぐ、東急本店デパートへ向かいます。


8.jpg









⑤東急本店デパートにぶつかったら、左折です。

15.jpg










⑥Bunkamuraの前を通って最初の信号(松濤郵便局前)を右折。
この道から電信柱に当館までの案内が出始めます。ここからは上り坂。

13.jpg






途中で曲がり角が出てきても、坂を上りきるまで直進です。


9.jpg







右手に稲荷神社、正面に観世能楽堂跡地の大きな松の木が見えたら、もうすぐです。


6.jpg









⑦つきあたりを左折、すると・・・


16.jpg









右手に見える黄土色のレンガの建物が戸栗美術館です。



4.jpg



所要時間は15分ほど。
渋谷駅から当館までは、神泉駅からの経路に比べて目印になる建物などは多いのですが、逆に多すぎて目に入りにくいように思います。
当館へお越しくださるお客様に、少しでもお役に立てますように。


※本稿は「とぐりのぶろぐ。」2011年1月26日掲載記事を加筆・修正したものです。



2016/07/27

神泉駅からの道順

当館の最寄駅は、渋谷駅と京王井の頭線の神泉駅とがあるのですが、神泉駅をご利用いただく場合、住宅街を通るため、目印となるものがなく、道に迷われたとおっしゃるお客様も少なくありません。実はとても簡単な道順ですので、写真と地図を駆使して、経路をご案内したいと思います。
では出発しましょう!

map・カラーcs5ol


神泉駅からの道順は黄色の点線です

神泉駅の改札を出ると、まず目に入るのが、この景色。(改札は一つだけです。)

「北口」の方へ進みます。
1.jpg


北口には出口が二つあるので、右手の「神泉町・円山町/松涛1・2丁目/道玄坂1・2丁目方面」の階段を下りてください。
左手の出口は松涛美術館・鍋島松濤公園方面に出ます。

17.jpg


階段をおりると、ちょっと複雑な交差点。
踏み切りを背にして真ん中の道を進みます。

18.jpg


T字路にぶつかったら右へ。
19.jpg



すぐに薬局やコンビニエンスストアのある少し複雑な交差点に出ますので、コインパーキングと薬局の間の道へ。
ここはちょっと上り坂になります。

20.jpg


坂を上りきった突き当りには、当館のポスターが。
ここを右に折れると・・・

2.jpg




到着です。

3.jpg


所要時間は10分ほど。
要所要所の電信柱には当館までの案内が出ていますし、町内会の掲示板にもポスターを貼って頂いていますので、こちらもご参考になさってください。
また、神泉駅にも当館までの地図を置いていただいていますので、駅員さんにお尋ねください。


職員一同、皆様のお越しを心よりお待ちしています。

※本稿は「とぐりのぶろぐ。」2010年12月15日掲載記事を加筆・修正したものです。
2016/07/27

とぐりのぶろぐについて

とぐりのぶろぐは、公益財団法人 戸栗美術館のスタッフたちが美術館の情報や、学芸に関わることを不定期に発信するブログです。企画展のご案内からお庭のお花まで幅広く更新して参ります。どうぞ、お楽しみに。

戸栗美術館 スタッフ一同